2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

龍村の絽の名古屋帯「風矢羽」の帯合わせ

第三千三百九十三回目は、龍村の絽の名古屋帯「風矢羽」の帯合わせです。

名古屋帯だからカジュアルにも使えますが、フォーマルのイメージが強い龍村ブランドですからフォーマルにも使えます。結局、幅広く使える便利な帯ということで、まず今日は付下げを合わせてみます。

IMG_69781.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の絽の付下げ「有職柳」を合わせてみました。実際に制作したのは市川さんです。市川さんは「染匠いちかわ」という屋号で、市川和幸さんといいます。

私は千切屋治兵衛の商品としてずっと扱っていますが、現在はメーカーや問屋を通さない商売もしているようで、息子さんがブログを書いています。作品も見ることができますね。色はこんな感じで、華やかで上品でありつつ、京友禅らしい朱色や緑も堂々と使って、今の流れに媚びないですよね。(今だったらピンクや水色でパステルカラーっぽくまとめたがるでしょう)

IMG_29671.jpg
写真2番目は、野口の絽縮緬の付下げを合わせてみました。絽縮緬なので、普通の絽よりも着られる期間は長いです。そのかわり盛夏は避けるべき、と昔は言われましたが、今はずっと着て良いことになったようです。着付け教室のテキストなどを見てもそういうことに変わっています。

描かれているのは水辺の芦で、流れとともに描かれています。芦であれば初夏でも初秋でも通用するので、絽縮緬のシーズンとも合っています。色は野口らしく紫や辛子色が効果的に使われていて、派手でないのに華やかです。華やかにしようと思って朱色を使うと派手になって若向けになってしまうんですね。朱色の代わりに紫と辛子色を使うことで年輩者が着られる華やかな着物にしています。

普通は派手と華やかを同一のものと思ってしまいますが、それが別のものだと気が付いて、年輩者が着られる華やかな着物を作った、それが野口の得意技なのだと思います。
IMG_29651.jpg
写真3番目は、野口の紗の付下げを合わせてみました。菊を描いた作品ですが、小袖の意匠をほぼ写したものです。青が効き色になっていて、とても美しいです。これが野口のセンスですね。

IMG_29631.jpg
写真4番目は、花也の紗の付下げを合わせてみました。ワインをテーマに裾に葡萄の蔓を描いた単衣の時期も盛夏も着られる着物です。糊糸目で描かれた葡萄の蔓が上手です、この辺が下絵師の技ですね。

IMG_29601.jpg
写真5番目は、野口の紗の付下げを合わせてみました。菊や萩など秋の花を大きく描いた華やかな着物です。呉服業界はこの30年、小付けの模様をやってきましたから、もうそろそろ反動で、大柄が流行るんじゃないかと思っています。
スポンサーサイト
[ 2016/05/25 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1023-7d9145a4