2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

大羊居の付下げ

第三千三百九十回目の作品として、大羊居の付下げを紹介します。

写真を撮ってからブログに掲載するまでの間に売れてしまいました。これは販売のためのブログなので、宣伝してもしょうがないのですが、せっかく帯合わせまでしたのですし、とても魅力的な作品なので、さらっと紹介します。

IMG_90371.jpg
いちばん上の写真は、前姿です。アラビアンナイトの世界を思わせるエキゾティックなテーマの作品です。このようなテーマを友禅の世界に持ち込んだのは、おそらく大彦の野口真造でしょう。今の大羊居の社長のお父さんですよね。

ミニアチュールから題材を取ったと思われる人物に、イスラム建築を思わせる幾何学模様、アジアが原産地である薔薇の組み合わせです。

IMG_90521.jpg
写真2番目は、後ろ姿です。前姿が男女のカップルであるのに対し、後姿は女性1人です。これもミニアチュールに取材しているのでしょうが、物思いにふけっているように見えます。浮世絵でも同じようなポーズの「太夫物思いの図」というのがよくありますから、日本人も中東人も同じような感性があるんですね。

IMG_90671.jpg
写真3番目は、袖です。

IMG_90621.jpg
写真4番目は、もう片袖です。

IMG_90661.jpg
写真5番目は、前姿の人物の近接です。

IMG_90651.jpg
写真6番目は、後姿の人物の近接です。
スポンサーサイト
[ 2016/05/22 ] 友禅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1020-597c3fbe