2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

龍村の絽の名古屋帯「かすみびし」の帯合わせ

第三千三百八十九回目は、龍村の絽の名古屋帯「かすみびし」の帯合わせです。

今日は紬とカジュアルを合わせてみます。

IMG_29201.jpg
いちばん上の写真は、林宗平の越後上布を合わせてみました。手績みの苧麻を使った越後上布は、宮古上布とともに夏物の最高級品です。

IMG_29291.jpg
写真2番目は、大城永光の花絽織を合わせてみました。これは少し昔の制作されたもののためラベルには「花倉織」とありますが、現在は首里織以外の産地で織られたものは「花倉織」と表示できないことになったため、花絽織といいます。

IMG_29441.jpg
写真3番目は、真栄城興茂の琉球美絣を合わせてみました。木綿地で藍の色の濃淡と福木の黄色の配置が美しい作品です。両者が重なると緑色になるんですね。日本の地租改正は明治の始めでそこから近代が始まりますが、沖縄の地租改正は明治の後半で、それまでは貢納布制度といってすべての織物を年貢として納めていたのです。

地租改正後、人は自由に織物を織りそれを売って得た現金を納税するようになりました。すると技術やセンスによって収入に差が生じます。さらに自分の作品をブランド化して売ったらさらに収入が増えます。こうして生まれた最初期の作品が大正期に創始されたこの「琉球美絣」です。

IMG_29551.jpg
写真4番目は、小千谷縮の格子を合わせてみました。重要無形文化財の小千谷縮は手績みの苧麻を使った越後上布と同格の高価な織物ですが、これはラミーを使った普及品です。とてもお洒落です。

IMG_29591.jpg
写真5番目は、藤井絞の雪花絞の浴衣を合わせてみました。雪花絞は本来有松絞の一技法で、これも有松の下請けで作られたものですが、本家の有松が木綿であるのに対し、藤井絞は麻が50%混じった生地を使っています。

麻が混じると涼しいと思うところですが、藤井絞が麻混の生地を使った理由はそれだけでなく、生地の光沢を求めてのことだと思います。麻を混ぜると木綿だけのばあいより光沢が生じ、雪花絞を江戸切子のように見せるのです。
スポンサーサイト
[ 2016/05/21 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1019-4cd6e5e4