2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

一の橋の絵羽コートに合う羽裏

第三千三百八十五回目は、一の橋の絵羽コートに合う羽裏を考えてみます。

左側に表地、右側に裏地を並べてみました。

IMG_26601.jpg
いちばん上の写真は、岡重の羽裏「京野菜」を合わせてみました。岡重が大正時代に型染で制作していた羽裏を復刻したシリーズの1枚です。当時の型染はすでに技術的に頂点に達しており、写真のような細密な表現も可能でした。この「京野菜」はその代表的な一点です。今の人はそんなことは知りませんでしたから、岡重の復刻版を見たときはびっくり、各地の美術館で展覧され大きな話題になりました。

IMG_26611.jpg
写真2番目は、岡重の羽裏「天使」を合わせてみました。これも大正時代の復刻版の1枚です。

IMG_26561.jpg
写真3番目は、野口の羽裏を合わせてみました。野口らしいセンスの良い格子です。格子ですからシンプルと言いたいところですが、多色で制作工程を考えると結構コストがかかっているかもしれませんね。

IMG_26521.jpg
写真4番目は、うちに以前からある羽裏を合わせてみました。かつては裏地専門の染屋さんがあって、安い値段で色数が限定されたものをつくっていました。しかし販売数量が減るとともに採算が悪くなりほとんど廃業してしまいました。そのかわりに岡重や野口の多色で高級な羽裏が現れたわけです。岡重や野口の羽裏は、表地を染める染屋が染めているためにレベルが高いですが、値段も表地と同じになってしまいます。

私は最近、当社で昔から在庫としてある羽裏の調査を行い、ネット上で一覧表を作りました。昔は切り売りが常識だったため、中途半端に残っている生地が沢山あったのです。それを1反ずつ長さを測って使えるかどうか調べたんですよ。これはその時に確認した1点です。1尺1000円で売っています。

IMG_26661.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛の羽裏「雪輪」を合わせてみました。これはシンプルに見えますが、近年、表地の染屋によって染められたものです。ちょっと見では、表地も裏地も同じような丸紋にも見えますから、表地の模様を裏地でシンプルにしたパターンに見えますね。

IMG_26641.jpg
写真6番目は、藤井絞の羽裏「正倉院御物五弦の琵琶」を合わせてみました。上の5点は型染で連続して繰り返す模様ですが、これは絵羽の羽裏です。琵琶の形と梅の花の形は絞りによる表現、弦と草花模様は金描きによる表現です。コートというのは、パーティー会場に入るときに脱ぎますから、見せるチャンスもあります。いきなりクロークに預けてしまうとホテルの従業員にしか自慢できませんから、みんなが集まってから脱ぐ必要がありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1015-1d8086b2