2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の塩瀬地の友禅の名古屋帯を使った帯合わせ

第二千五百三十九回目は、昨日の続きで花也の塩瀬地の友禅の名古屋帯を使った帯合わせです。

昨日、重い加工の友禅の名古屋帯は、紬にも型染の縮緬の着尺にも軽い付下げにも使えて用途が広いと書きましたが、紬はすでに試しましたので、今日は型染の縮緬地の着尺です。

型染の縮緬地の着尺は、大きい柄も含めて「小紋」と言ってしまいますが、それぞれ個性のあるものです。大雑把に分類してみれば、本来の「小紋」である江戸小紋、千切屋治兵衛に多い小さな飛び柄の着尺、野口に多い訪問着にも見える多彩の大きい柄の飛び柄の着尺、あるいは更紗に代表されるような余白のない総柄の着尺などですね。総柄の着尺には、帯合わせが最高に難しい、個性があって多彩で隙間のない総柄の紅型もあります。

いろんなパターンの着尺で帯合わせを試してみたいところですが、なかなか奥の深いテーマで、今日は野口を試すだけで終わってしまいました。

IMG_6106.jpg
いちばん上の写真は、野口の着尺のうち、多色で、大柄で、余白が無いという、いちばん帯合わせしにくそうな作品を使ってみました。帯も着物も多色の花で、普通はしない帯合わせですね。ですが、絶対にダメではなくて、もし家にこの着物とこの帯しかなかったら、合わせてもいいかなと思います。

帯と着物で花の大きさが違うこと、帯は花模様の回りに無地場があって、花どうしが直接接していないこと、着物と帯の色が全く違ってコントラストがはっきりしていることが、多少の救いになっています。

IMG_6109.jpg
写真2番目は、野口の着尺のうち、多彩で、余白が無い更紗模様という、これも帯合わせしにくそうな作品を使ってみました。あまり頭がよさそうな組み合わせとも思いませんが、上の写真と同じく、帯に無地場があって、花どうしが直接接していないこと、着物と帯の色のコントラストがはっきりしていることが、多少の救いですね。

IMG_6125.jpg
写真3番目は、野口の着尺のうち、多彩で、大柄ですが、余白のある作品を使ってみました。これはとても良い帯合わせですね。帯の黒と着物の金茶が色の組み合わせとしてきれいですし、着物の花が具象でないからでしょう。

IMG_6122.jpg
写真4番目は、野口の着尺のうち、蝋染の縞または格子のような幾何学模様の作品を合わせてみました。色は単色濃淡ですし、模様も具象ではありませんから、帯合わせしやすい着物です。合っていますが、合うのが当たり前の帯合わせで、何か発見があるというわけではありません。
スポンサーサイト
[ 2013/11/15 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/101-b938265f