花也の付下げ「貝桶」の帯合わせ

第三千三百七十九回目は、花也の付下げ「貝桶」の帯合わせです。

今日も袋帯を合わせてみました。

IMG_95441.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「王朝華映錦」を合わせてみました。高島屋専用ロゴである「龍村平蔵」に「威毛錦」という鎧をモチーフにした袋帯があって人気ですが、その「たつむら」バージョンとして織られたものでしょうね。こちらは同じ手織りでも六通で、振袖でも使えます。糊糸目の線描き表現が美しい単彩主義の着物ですが、色彩あふれる龍村ワールドもちゃんと受け入れられるようですね。

IMG_95461.jpg
写真2番目は、龍村の袋帯「有朋文」を合わせてみました。同じ模様の貝桶ばかりが並ぶ物語性の無い着物なので、物語そのものである鳥獣戯画の帯を合わせてみました。もし着物が物語的な展開のある意匠であったら、そこへ動物乱入ということになってしまい、収拾のつかない帯合わせになってしまうでしょうね。

IMG_95481.jpg
写真3番目は、龍村の袋帯「七宝連花錦」を合わせてみました。振袖で使える龍村の華やかな帯ですが、振袖以外でも使えることを実証してみました。龍村というのは百貨店で買えば高いですが、ネットで丹念に探せば安く買えることもあります。それを成人式で買い、その後50歳ぐらいまで使えばコスパが高いですね。

この帯に関しては、この写真を撮ってから今日掲載するまでの間に、親戚の子の成人式用に売ってしまいましたが、今後も同様のものを引き続き仕入れていくつもりです。

IMG_95491.jpg
写真4番目は、龍村の袋帯「海老殻間道」を合わせてみました。いつもながら龍村の間道を合わせてみました。間道の欠点は、万能すぎて他の帯が売れなくなっちゃうことですね。

IMG_95591.jpg
写真5番目は、河合康幸の袋帯を合わせてみました。松というのは、植物文の中でもいちばんフォーマル度が高いです。着物の模様にかぎらず実際の松も、ちゃんと剪定してあると庭が立派な日本庭園みたいに見えますよね。この帯は、松をテーマにしつつも立派な幹や枝ぶりは描かず松葉と松ぼっくりだけにして、フォーマル感を避けています。

フォーマル感とお洒落感というのは二者択一ではないはずですが、フォーマルでありつつお洒落というのは難しいものですね。フォーマルでない帯を「洒落帯」なんて言いますし。ここではフォーマル感を避けることでお洒落になっているのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2016/05/11 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1008-cf82f490