2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

花也の付下げ「貝桶」の帯合わせ

第三千三百七十八回目は、花也の付下げ「貝桶」の帯合わせです。

今日は袋帯を合わせてみました。

IMG_95431.jpg
いちばん上の写真は、華陽の袋帯を合わせてみました。華陽は数年前に廃業しました。廃業後しばらくは滞留在庫らしきものが安値でネットで売られていましたが、最近は無くなってきましたね。華陽の帯というのは綴ですが、地は綴組織ですが模様は絵緯糸で表現した織物です。

着物の意匠は、貝桶が繰り返すだけで展開していくことが無く、物語性にも乏しいですから、帯で絵画的な模様を追加しても、コーディネート全体が五月蠅くなることはないですね。そこで、四季花が咲いて鴛鴦も居て、というちょっと通俗的な意匠の帯を合わせてみました。

IMG_95501.jpg
写真2番目は、大西勇の袋帯「有栖川龍文」を合わせてみました。名物裂の「有栖川裂」にはいろんなカクカクしたデザインの動物がいますが、龍の部分をテーマにしたものです。加賀前田家が所蔵していたという名物裂としての権威とかわいげのあるデザインが両立した、コーディネートに使いやすい龍ですよね。(龍は真面目に描くと不良に学ランの裏にいる龍みたいになってしまいます)

IMG_95511.jpg
写真3番目は、紋屋井関の袋帯「正倉院御物」を合わせてみました。聖武天皇が愛用した碁石入れで、「銀平脱合子」と呼ばれる物をテーマにしたものです。象と鸚哥の2種類で戦ったということでお洒落ですよね。ほぼ金糸で織られた帯で、色数を増やさない帯合わせです。

IMG_95541.jpg
写真4番目は、織悦の袋帯「龍田川」を合わせてみました。「ちはやぶる・・・」にちなむテーマで、秋そのものですね。着物の貝桶の取り方の中の植物は榧ということで、季節に関わりませんから、帯で季節感を表現しても良いと思います。季節感の無い植物をテーマにした着物というのは便利なことが多いですね。季節感のある着こなしをしたければ帯ですればよいのですから。

IMG_95811.jpg
写真5番目は、河合康幸の袋帯「花の丸」を合わせてみました。河合美術織物の分家です。紫の地色は個性的ですが、いろんな色の着物に会うことを証明してみました。
スポンサーサイト
[ 2016/05/10 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1007-bf9737a1