橋本テルの紗の袋帯「芳玉」

第三千七百四十七回目の作品として、橋本テルの紗の袋帯「芳玉」を紹介します。

夏の着物を着る時期は、7月と8月の2か月だけですが、具象画である植物文様を選ぶと、前半の百合や鷺草と後半の撫子や萩とで植物の種類が変わり、2通り揃えないといけないことになりかねず、とても割が悪いです。対処法としては、1つは迷ったら後半に合わせること、もう1つは夏を通して着られる波や千鳥を買うことです。

今日紹介する西陣の証紙番号602の橋本テルの紗の袋帯は、さらに合理的で、段文に「芳玉」と名付けられた丸い模様が並んでいるだけですから、いつでも大丈夫です。しかも地色は白で、模様は金糸と銀糸だけですから、着物がどんな色でも対応できます。とりあえず夏の帯を1本買わなくちゃ、という人にちょうど良い帯ですが、けっこうお洒落で馬鹿になりません。

IMG_45632.jpg
いちばん上の写真は、帯の幅を写真の幅として撮ったものです。白い地に、平金糸が織り込まれた金の段と平銀糸が織り込まれた銀の段があります。金の段には撚金糸で丸い模様が織り込まれています。銀の段には撚銀糸で丸い模様が織り込まれています。

IMG_45642.jpg
写真2番目は近接です。丸い模様には立体的なものとそうでもないものがあり、変化を生んでいます。単調な繰り返しになるのを避ける工夫です。

IMG_45672.jpg
写真3番目はもっと近接です。

IMG_05192.jpg
写真4番目は金の段のいちばん立体的に見える丸い模様の拡大です。地の平金糸に対し模様は撚金糸であるため、立体的に見えるのです。撚金糸は金糸ですが、写真に撮ると銀に見えます。もともと平金糸に比べ白っぽい金色ではあるのですが。

IMG_05182.jpg
写真5番目は銀の段の拡大です。丸い模様は撚銀糸かと思いましたが違いました。じつは白い絹糸でその両縁が細い撚金糸でサポートされていたんですね。立体感を感じないのはこのような形状になっているからでした。糸を操ることでいろんな視覚効果を生むのは西陣の基本技のようです。

IMG_45762.jpg
写真6番目は、品質表示ラベルです。日本製なんですね、立派なことです。
スポンサーサイト
[ 2017/05/16 ] 西陣・綴 | TB(0) | CM(0)