花也の付下げ「道長取り更紗模様」の帯合わせ

第三千七百四十一回目は、花也の付下げ「道長取り更紗模様」の帯合わせです。

昨日は迷宮感覚を緩和すべくすっきりした意匠や直線模様を合わせてみました。今日は逆にもっと迷宮の奥に沈み込むような帯合わせをしてみます。そのためには更紗の帯を合わせてしまえば簡単だとも思いますが、更紗の着物の欠点は更紗の帯が使えないことですね。同じ模様を重ねるのもまた迷宮的かと思いますが、しつこいのは野暮につながり、迷宮はお洒落な文学のテーマであって野暮ではないはずです。

IMG_01742.jpg
いちばん上の写真は、大西勇の袋帯「正倉院象文」を合わせてみました。商標登録への配慮かズレたタイトルが付いていますが、正倉院御物の銀平脱の合子を図案化したものです。ホンモノと同じく象と鸚哥2種類あります。迷宮の真ん中にはミノタウロスがいるべきですが、牛の帯はなかなか無いので象に来てもらいました。

更紗の着物に合わせる帯は、エキゾチズムの匂いで更紗を飛び越えて、更紗の国の動物である象や鸚哥、更紗の国の風物である南国の人の生活や建物を選んだ方が良い場合があります。更紗の世界にさらにどっぷりつかりつつ、模様自体は重ならない帯合わせです。

IMG_01872.jpg
写真2番目は、紋屋井関の袋帯「御寮織」シリーズの1本「象唐草文」を合わせてみました。これも商標登録への配慮かズレたタイトルが付いていますが、上とおなじ正倉院御物の銀平脱の合子を図案化したものです。ホンモノと同じく象と鸚哥2種類ありますが、モチーフの使い方は図案家によって全然違うものですね。

IMG_04072.jpg
写真3番目は、大西勇の袋帯を合わせてみました。正倉院御物の臈纈屏風に取材したものです。古代の蝋染めは蜜蝋により防染したものでした。聖武天皇は蜂蜜も食べたそうですが、その後の日本人は蜂蜜は食べなかったので、大正時代まで日本に蝋染めはありません。この作品は、本歌の古代の蝋染の素朴な絵を再現するデザインになっています。

IMG_04142.jpg
写真4番目は、大西勇の袋帯を合わせてみました。本歌は、周囲の植物文の形からおそらくコプト裂だと思います。動物も植物も輪郭がカクカクしたデザインですが、元絵が古代の素朴な綴であった名残です。

IMG_04092.jpg
写真5番目は、龍村の袋帯「西域舞踊錦」を合わせてみました。迷宮にありがちなモチーフということで選んでみました。

IMG_01752.jpg
写真6番目は、織悦の袋帯「ペルシア狩猟文」を合わせてみました。更紗は、厳密な意味の更紗に限らず、唐草文やペルシア文様も同じに見えてしまいます。これは更紗に更紗を重ねる愚に近いですが、意外に違和感はない?i、
スポンサーサイト
[ 2017/05/10 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)