千切屋治兵衛の名古屋帯「高砂」(実際の制作は倉部さん)の帯合わせ

第三千七百三十六回目は、千切屋治兵衛の名古屋帯「高砂」(実際の制作は倉部さん)の帯合わせです。

今日は染めの着尺(小紋)と合わせてみます。

IMG_03042.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の小紋を合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。源氏香を模様にした型染の小紋です。テーマも上品で季節もなく使い勝手の良い小紋だと思います。

IMG_02882.jpg
写真2番目は、花也の手描きの小紋を合わせてみました。小紋には、色数だけ型を必要とする型染(シルクスクリーンもあり)、手挿し(輪郭だけ型)、手描きがあります。後者になるほど手間がかかって高級ということになるのですが、前者ほど初期費用が高く枚数が売れない場合のリスクが大きいとも言えます。

型で染めるものよりも手で染めているものの方が、色が深くて発色が美しいですが、より美しいものを求めるという理由だけでなく、何枚売れるかという予測で技法を選ぶこともあります。最近は、1つの模様がたくさん売れるということはないので、少しの枚数でも採算がとれる手挿しが増えているように思います。

花也さんは手描きの京友禅のメーカーですから、自社の通常の下職を使って小紋を作ると手描きになります。

IMG_02982.jpg
写真3番目は、野口の小紋を合わせてみました。短冊模様の小紋で、短冊の中の模様は金描きです。短冊模様自体は珍しいものではありませんが、野口らしいモダンな配色になっています。野口の色はモダンですが、京友禅の色の延長でもあって雅ですよね。

IMG_03002.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛の手描きの小紋を合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。単彩でシンプルながら動きのあるデザインの乱菊です。

IMG_03012.jpg
写真5番目は、一の橋で仕入れた小紋を合わせてみました。一の橋の型染というのは無いので、誰が作ったかは知りませんが、一の橋が取り扱ったものです。短冊模様ですが、短冊がすごく大きく訪問着のようにも見えるという意匠です。

IMG_03032.jpg
写真6番目は、藤井絞の小紋を合わせてみました。楓模様の総柄の絞の着尺です。よく見ると楓を絞っているのではなく、楓の間のある空間を絞っていることが分かります。その空間の形を見ると、全てが不規則な多角形です。1つ1つの空間について、その都度違う絞り方をしている、すなわち辻が花の技術で全部の面積を絞っているわけで、模様の位置が決まっている訪問着よりも労作です。
スポンサーサイト
[ 2017/05/05 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)