花也の付下げ「菊の葉」の帯合わせ

第三千八百七十六回目は、花也の付下げ「菊の葉」の帯合わせです。

今日も友禅の名古屋帯を合わせてみました。

IMG_21892.jpg
いちばん上の写真は、野口の名古屋帯「琳派菊模様」を合わせてみました。葉だけの付下げに対して、菊の花を足して本歌に戻すパターンをやってみました。

IMG_21882.jpg
写真2番目は、秀雅の名古屋帯「楓取り海浜模様」を合わせてみました。実際に制作したのは大松です。1枚の楓の葉に大きな海景を入れた図案です。小さなものに大きなものを入れてこそ意匠ですね。その逆だったらただの絵です。着物の意匠は小さな葉を大きく描く微視的なものですから、帯は大きな海景で良い組み合わせではないかと。

IMG_21902.jpg
写真3番目は、野口の名古屋帯「貝桶」を合わせてみました。実際に制作したのは橋村重彦さんです。江戸時代の袱紗にある意匠です。江戸時代の友禅のほぼ写しであるだけに、橋村さんの友禅の技をしっかり見せてくれる作品です。

IMG_21912.jpg
写真4番目は、野口の名古屋帯「御所解模様牡丹文」を合わせてみました。御所解模様の小袖の一部分を抜き出したものです。御所解の様式の着物はよくありますが、形だけ友禅で真似たものが多いです。この作品を見ると牡丹の輪郭が、白い糸目の線ではなく黒い墨の線です。そういうところに本気が見えますね。

IMG_59012.jpg
写真5番目は、大羊居の名古屋帯「高山寺」を合わせてみました。うさぎと秋草文ですが、大羊居ではすごく人気のテーマで付下げでも何度かつくられているようです。秋草文には菊もありますが、その菊をクローズアップしていくと着物の模様になるというつながりで合わせてみました。

IMG_59022.jpg
写真6番目は、一の橋の名古屋帯「月に兎」を合わせてみました。実際に制作したのは安田です。ずーっと呉服屋をやっていると、たいていのものはこうやって作っているんだなとわかるものですが、真似をすることもできず、ただ崇めるだけのものは中井と安田ですね。

月は濡れているように見えるし、うさぎは憂いているのか憧れているのか、描けと言われたら描けないです。
スポンサーサイト
[ 2017/09/23 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

花也の付下げ「菊の葉」の帯合わせです。

第三千八百七十五回目は、花也の付下げ「菊の葉」の帯合わせです。

今日も袋帯を合わせてみました。

IMG_21782.jpg
いちばん上の写真は、織悦の袋帯「彩籠目」を合わせてみました。籠目だけのデザインは、絵画的につまらない気がしますが、配色の上手さのおかげで結構綺麗ですし、籠目だけであるということが帯合わせでは圧倒的に有利になっています。

IMG_17912.jpg
写真2番目は、龍村の袋帯「海老殻間道」を合わせてみました。葉だけという言葉少な目の着物に対し、間道という無口な帯を合わせてみました。言葉を交わさないで親密さを表現する名優2人の演技みたいなイメージで。

IMG_17902.jpg
写真3番目は、龍村の袋帯「波兎遊跳文」を合わせてみました。兎いかがですか。

IMG_17882.jpg
写真4番目は、龍村の袋帯「有朋文」を合わせてみました。動物いかがですか。

IMG_17862.jpg
写真5番目は、龍村の袋帯「甲比丹(カピタン)縞格子」を合わせてみました。近世に東インド会社を通して輸入されたインドの裂は木綿の縞であるは唐桟とモールです。まだ日本で木綿の縞が織られていない時代、唐桟は高級品でしたが、薄い金の板を芯糸に巻き付けたモール糸を使った裂はマハラジャしか持てないほどの高級品でした。

これはそのモールをイメージした帯で、金糸の横段模様は現在の普通の金糸ですが、本歌ではこれが薄い金の板を芯糸に巻き付けたモール糸だったんですね。

IMG_59052.jpg
写真6番目は、帯屋捨松の袋帯「籠目地牡丹菊文」を合わせてみました。牡丹と菊が交互に織り出してある帯で、お太鼓が菊か牡丹は選べれば春秋対応で便利ですが、実際にはお太鼓が菊、腹文が牡丹になるだろうと思います。昨日と同じ、菊の花を復活させて本歌に近づける帯合わせです。

IMG_21802.jpg
写真7番目は、梅垣の袋帯「蒔絵花鳥文」を合わせてみました。梅垣の最高級クラスの帯で、引き箔の地が、蒔絵の肌漆の金の工芸品のイメージを織物で表現しています。
[ 2017/09/22 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

花也の付下げ「菊の葉」の帯合わせ

第三千八百七十四回目は、花也の付下げ「菊の葉」の帯合わせです。

今回の作品の本歌である小袖には菊の花もありましたが、作品化の過程で花が省略され、葉だけの作品になりました。今日は帯合わせでその菊の花を回復してみようと思います。品種改良でも、原種と掛け合わせてみることで、新しい種が生まれることもありますから。

IMG_21772.jpg
いちばん上の写真は、織悦の袋帯「彩悦錦枝菊吉向地文」を合わせてみました。有職織物の二陪織物の様式です。

IMG_21792.jpg
写真2番目は、織悦の袋帯「柴垣秋草文尽」を合わせてみました。

IMG_21812.jpg
写真3番目は、河合美術の袋帯「菊尽し」を合わせてみました。

IMG_21822.jpg
写真4番目は、華陽の袋帯「菊尽し」を合わせてみました。

IMG_59032.jpg
写真5番目は、野口が企画した袋帯「菊と波の丸」を合わせてみました。実際に制作したのは池口です。引き箔の地に金彩や刺繍を加えたものです。

IMG_59002.jpg
写真6番目は、織悦の夏の袋帯「菊と流水」を合わせてみました。
[ 2017/09/21 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

喜多川俵二の名古屋帯「鉄線唐草」の帯合わせ

第三千八百七十一回目は、喜多川俵二の名古屋帯「鉄線唐草」の帯合わせです。

今日は染めの着尺に合わせてみます。

IMG_22032.jpg
いちばん上の写真は、野口の手描きの着尺を合わせてみました。実際に制作したのは岡重です。かつてのヒット商品で定番でした。手挿し(糸目は型)で四季の花を描いて、ぼかしと合わせたものです。

IMG_22042.jpg
写真2番目は、野口の着尺を合わせてみました。四角い取り方の中に、七宝繋ぎ、割り付け文、あるいは型疋田を入れた意匠です。花が無い意匠の着物は、花模様の帯が合わせやすいので便利です。

IMG_22052.jpg
写真3番目は、花也の着尺を合わせてみました。上品絵なんにでも合いそうな着物ですが、模様は笹蔓緞子に取材したものですから、帯との関係では名物裂が重なってしまいます。陥穽はいろいろあるものです。

IMG_22062.jpg
写真4番目は、野口の手挿しの着尺を合わせてみました。ちょっと見は訪問着のような、大きくて絵画性の高い模様です。普通の小紋よりは格が高く、パーティー着という位置づけですね。

IMG_22072.jpg
写真5番目は、野口の着尺を合わせてみました。唐草模様の花は植物と思わず植物模様を合わせてみました。

IMG_22082.jpg
写真6番目は、千切屋治兵衛の着尺を合わせてみました。雪輪と早春を表す破れ雪輪です。とりあえず植物文を避けてみました。
[ 2017/09/18 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

喜多川俵二の名古屋帯「鉄線唐草」の帯合わせ

第三千八百七十回目は、喜多川俵二の名古屋帯「鉄線唐草」の帯合わせです。

今日は本格的な絵羽物に合わせてみます。

IMG_51622.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の訪問着「市女笠」を合わせてみました。実際に制作したのは中井淳夫さんです。市女笠と紅葉を組み合わせた意匠は江戸時代の小袖にあり、それを現代の訪問着の様式に変更しています。具体的には1つ1つの模様の大きさで、本歌は大きいのですが小付けに変えています。

IMG_52072.jpg
写真2番目は中井淳夫さんの訪問着を合わせてみました。桂帯のような几帳の軟錦(ぜんきん、几帳や襖の縁の使われた裂、有職文様)のような意匠です。3つの弧(細い金線は刺繍)が交わるデザインで、私は、弧に囲まれて面積を求める数学の問題を連想してしまいます。あるいは25日移動平均線と75日移動平均線が交わるところみたいです。

中井さんらしいところは、太い弧が生地の縫い目を越えて距離の長いぼかしになっているところです。同じ生地の中でぼかすにするのは普通ですが、裁った後の別の生地までぼかしの濃度を合わせるのは難度が高いです。

IMG_42002.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の訪問着「取り方楓」を合わせてみました。実際に制作したのは、中井淳夫さんです。暈しで扇面のようなおおきな取り方を作り、その中に楓を描いています。糸目は隠してありますが、模様が重なるところを見ると防染はしているようです。

IMG_50212.jpg
写真4番目は、北秀の訪問着を合わせてみました。実際に制作したのは安田です。安田の究極的に美しい糊糸目の作品ですが、黒地で箔部分は金彩ではなく銀彩、刺繍部分は金糸でなく銀糸なので、全体に粋な雰囲気です。

当時の北秀が扱っていた安田はほとんどが銀座のきしやで売られ、銀座きしやは銀座の高級クラブにも近いので、高級店のママがお客だったのかと思います。この訪問着は当時の参考上代で140万円でしたから、そういう衣裳を身に着けることも含めて当時(1997年まで)の銀座のクラブだったのだと思います。

IMG_50772.jpg
写真5番目は、熊谷好博子の黒留袖「花舟」を合わせてみました。東京友禅の伝説的な作家の代表的な作風です。弟子は生涯に2人で、工房を持たなかったので、このような本格的な作品は見る機会は少ないです。
[ 2017/09/17 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)