2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

藤井絞の本疋田の振袖の帯合わせ

第四千百四十二回目は、藤井絞の本疋田の振袖の帯合わせです。


振袖の帯合わせは、振袖専用の帯を合わせると綺麗ですが、普通の帯を使うと、その後長く使えて合理的です。


IMG_95973.jpg
いちばん上の写真は、紫紘の袋帯「波囲い花の丸文」を合わせてみました。朱地の引き箔の奇麗だけど年齢制限のある帯です。「波囲い」というのは、花の丸の周りが波になっている文様です。

IMG_95983.jpg
写真2番目は、帯屋捨松の袋帯「唐織松竹梅」を合わせてみました。「帯屋捨松」のロゴの無い手織りバージョンで、現在このタイプはすべて中国製ですが、これは古いものなので日本製だと思います。

IMG_96003.jpg
写真3番目は、勝山織物の袋帯「四君子文」を合わせてみました。赤に対して定番の黒です。

IMG_96013.jpg
写真4番目は、帯屋捨松の袋帯を合わせてみました。地は全て引き箔で軽い仕上がりになっています。

IMG_95883.jpg
写真5番目は、洛風林の袋帯「印度七宝文」を合わせてみました。

IMG_95903.jpg
写真6番目は、織屋は忘れてしまいましたが、「茜おり」というシリーズの「花菱亀甲」いうタイトルの袋帯を合わせてみました。飛んでいる朱色の花菱が、着物の朱にリンクして見えます。

IMG_95923.jpg
写真7番目は、織屋は忘れてしまいましたが、「茜おり」というシリーズの7「麻の葉七宝文」というタイトルの袋帯を合わせてみました。こういうのを選ぶ人はお金持ちじゃないかもしれないけど馬鹿じゃないと思います。

IMG_95933.jpg
写真8番目は、紋屋井関の「御寮織」シリーズの1本「正倉院象唐草文」を合わせてみました。正倉院御物「銀平脱の合子」に取材したものです。赤に金だけの組み合わせです。この帯は60歳でも70歳でもついでに80歳でも使えますね。

IMG_95943.jpg
写真9番目は、北尾の袋帯「錦繍宝想聖鳥文」を合わせてみました。先日紹介したばかりの振袖専用の帯です。振袖に合わせる帯としては100点満点ですが。

IMG_95953.jpg
写真10番目は、龍村の袋帯「飾宝円華文」を合わせてみました。赤い着物に赤い帯、という組み合わせです。平均やバランスという言葉を嫌う方に。
スポンサーサイト
[ 2018/06/19 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

北尾の袋帯「錦繍宝想聖鳥文」の帯合わせ

第四千百四十回目は、北尾の袋帯「錦繍宝想聖鳥文」の帯合わせです。

今日も振袖と合わせてみます。

IMG_02973.jpg
いちばん上の写真は、野口の振袖を合わせてみました。しぼの大きい縮緬地にたっぷり染料を含ませて深い色を演出した作品で、私が持つ京友禅のイメージでもありますね。紫地の宝尽くしです。宝だけだと個別の飛び柄のようになってしまいますが、宝どうしをつなげる紐が模様を有機的につなげる役割を果たしています。

IMG_03053.jpg
写真2番目は、野口の振袖を合わせてみました。上と同じシリーズです。黒地の花の丸です。

IMG_03003.jpg
写真3番目は、野口の振袖を合わせてみました。上と同じシリーズです。テーマはオーケストラの楽器で色も大胆ですが、根底は本来の京友禅ですよね。

IMG_02923.jpg
写真4番目は、千總の振袖を合わせてみました。技法は手挿しで、百貨店で78万円(税抜き)と表示される標準的なものです。意匠や雰囲気はいかにも百貨店で売っている千總というイメージだと思います。

IMG_02963.jpg
写真5番目は、藤井絞の振袖を合わせてみました。近世以後、日本の2大絞の産地といえば京都と有松(愛知県)です。京都は絞りに限らずあらゆる工芸分野でたいてい日本一ですけどね。有松は、近世初期に始まったもので尾張藩の保護のもとに発達してきました。昨日紹介した竹田庄九郎は有松、今日の藤井絞は京都です。

IMG_03013.jpg
写真6番目は、大羊居の振袖「薬玉」を合わせてみました。黒にオレンジという野球の応援みたいな配色で普通はびっくりしますが、大羊居だと大丈夫ですね。

IMG_03033.jpg
写真7番目は、岡重の振袖を合わせてみました。全身におよぶ手挿し更紗で、私が昔、つい作ってしまったものです。ちょっと困っています。

[ 2018/06/17 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

北尾の袋帯「錦繍宝想聖鳥文」の帯合わせ

第四千百三十九回目は、北尾の袋帯「錦繍宝想聖鳥文」の帯合わせです。

世間では振袖用の帯と認識されるでしょうから、とりあえず振袖と合わせてみます。

IMG_02793.jpg
いちばん上の写真は、千總の振袖を合わせてみました。技法は手描きの友禅で百貨店価格180万円(税抜き)のものです。千總の振袖はたいてい百貨店で販売されるので、きちんと定価が付いています。今回の帯は、多色の高額な振袖が相手でも質感で負けないですね。

IMG_02833.jpg
写真2番目は、松井青々の振袖を合わせてみました。バブル時代にもてはやされて300万とか500万の札が付いていた松井青々の振袖です。全体が桶絞りで、その中に友禅、摺箔、京極絞、刺繍など京友禅にあるすべての技法が詰め込まれています。青々のさすがなところは、技法を詰め込んでも洗練されていることです。

IMG_02843.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の振袖を合わせてみました。千切屋治兵衛の標準的な振袖で、手挿し(輪郭が型で彩色は手描き、手描きとの違いは色違いが複数制作されていること)で制作されています。

IMG_02903.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛の振袖を合わせてみました。これも千切屋治兵衛の標準的な振袖で、手挿しで制作されています。標準的なメーカーが作った高級品と、高級品メーカーが作った標準品の違いは、高級品メーカーは高いものを作るのに慣れているので、肩に力が入っていなくて自然体なところです。

IMG_02813.jpg
写真5番目は、佐藤昭人の阿波藍のすくもを使って、竹田庄九郎で絞り、矢野さんが染めた振袖です。藍染の展示会でイメージ商品としてパンフの表紙になったりしていたものです。単色で高級なものと言うパターンの振袖に、多色で金も使っている華やかな帯を合わせる組み合わせです。

IMG_02893.jpg
写真2番目は、竹田庄九郎の振袖を合わせてみました。本疋田といわれる絹糸で11巻されていると言われます。竹田庄九郎の振袖は標準的な木綿の糸で4巻きしているものは多色で、本疋田は単色で作ることが多いようですね。これも単色で高級な振袖に、華やかな帯を合わせる組み合わせです。
[ 2018/06/16 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

花也のジョーゼット地の付下げ「波」の帯合わせ

第四千百三十六回目は、花也のジョーゼット地の付下げ「波」の帯合わせです。

今日は龍村の夏の名古屋帯を合わせてみました。

IMG_08883.jpg
いちばん上の写真は、龍村の絽の名古屋帯「かすみびし」を合わせてみました。

IMG_08903.jpg
写真2番目は、龍村の絽の名古屋帯「夏蒐文」を合わせてみました。萩と朝顔で、夏の名残を蒐める帯という意味でしょう。

波の模様の着物は、植物文の帯を模様が重なるのを気にすることなく使えるので便利です。

IMG_08863.jpg
写真3番目は、龍村の絽の名古屋帯「夏蒐文」を合わせてみました。色違いです。水色の着物に対し、白い帯を合わせる方が基本だと思いますが、黒い帯を合わせてコントラストを強くする帯合わせもありますね。祇園齋藤さんの黒地の御所解きの帯を使っているのをいくつかのブログで見るので、京都風と感じるのでしょうか。私は海苔巻風と感じるのですが、このブログの帯合わせでは、じつはけっこう真似しています。

IMG_08943.jpg
写真4番目は、龍村の絽綴の名古屋帯「清祥文」を合わせてみました。

IMG_08963.jpg
写真5番目は、龍村の絽綴の名古屋帯「千歳菱」を合わせてみました。

IMG_08933.jpg
写真6番目は、龍村の絽綴の名古屋帯「花雲文」を合わせてみました。
[ 2018/06/13 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

花也のジョーゼット地の付下げ「波」の帯合わせ

第四千百三十五回目は、花也のジョーゼット地の付下げ「波」の帯合わせです。

今日は夏の袋帯を合わせてみました。波だけの模様の着物は帯合わせは楽ですね。

IMG_08723.jpg
いちばん上の写真は、織悦の夏の袋帯「芒」を合わせてみました。

IMG_08803.jpg
写真2番目は、織悦の夏の袋帯「菊と流水」を合わせてみました。

IMG_08853.jpg
写真3番目は、紫紘の袋帯「撫子文」を合わせてみました。

IMG_08843.jpg
写真4番目は、紫紘の袋帯「琳派秋草文」を合わせてみました。

IMG_08743.jpg
写真5番目は、織屋は忘れてしまいましたが、「万華鏡」というタイトルの夏の袋帯を合わせてみました。

IMG_08773.jpg
写真6番目は、橋本テル(602)の夏の袋帯「芳玉」を合わせてみました。
[ 2018/06/12 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)