昨日の夜と今日の昼

昨日の夜と今日の昼に梅岩寺に行って、しだれ桜の巨樹を撮ってきました。

S050233.jpg
いちばん上の写真は、2本あるうちの1本を月を入れて撮ってみました。

S0452326.jpg
写真2番目は、もう1本を月を入れて撮ってみました。

S0512335.jpg
写真3番目は近接です。普通の桜よりピンクが濃いのがわかりますか

IMG_91022.jpg
写真4番目は、2本あるうちの1本の今日の昼の写真です。昨夜の月の周囲には不穏な雲が写っていますが、朝には雨になり、午後は止みました。空が白いのでピンクの濃いのが映えて見えます。

IMG_91072.jpg
写真5番目は、もう1本の今日の昼の写真です。人間の大きさと比較してみてください。
スポンサーサイト
[ 2017/04/08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

第三千六百八十九回目は、千切屋治兵衛の着尺の帯合わせです。

今回の着尺は、爽やかな色と雪輪の模様で単衣用としても使えます。今日は単衣に仕立てて着ることを想定し、夏帯を合わせてみます。

IMG_76542.jpg
いちばん上の写真は、龍村の絽の名古屋帯「ひしつなぎ」を合わせてみました。絽ということで、教科書的には7,8月の帯ということになりますが、龍村の夏帯は地厚なので単衣でも使えそうな気がします。パステルカラーで合わせてみました。

IMG_76592.jpg
写真2番目は、龍村の絽の名古屋帯「風矢羽」を合わせてみました。青系濃淡で合わせてみました。

IMG_76562.jpg
写真3番目は、龍村の絽綴の名古屋帯「光浪文」を合わせてみました。絽綴は絽よりも少し時期が長く、単衣時期に着ても教科書通りですね。

IMG_89102.jpg
写真4番目は、藤井絞の辻が花写しの名古屋帯「波に千鳥」を合わせてみました。後期の辻が花の様式で、実際に有る裂の写しです。

IMG_89092.jpg
写真5番目は、花也の友禅の名古屋帯「葡萄」を合わせてみました。平織と紗で縞になった生地です。夏物の生地ともいえますし、夏の紗と平織が併存しているので平均して単衣とも言えます。

IMG_89112.jpg
写真6番目は、花也の友禅の名古屋帯「かたくり」を合わせてみました。カタクリは4月の花なので、なぜ夏物の生地に染めてしまったのか謎の帯です。先日紹介した絽の生地に藤を染めた付下げと同じですが、あちらは藤間流の人に売ることはできますが、これはどうしたものでしょうか。

私としては、絵としては花也の作品中でも特に上手く描けていたので仕入れてみたんですけどね。
[ 2017/03/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

梅岩寺の桜

当店から7,8分のところにある枝垂桜です。今年も見てきました。

IMG_22551.jpg
青梅で有名な桜の巨樹です。寺の境内に2本、将来のための木が1本あります。

IMG_23311.jpg
もう1本の枝垂桜です。

IMG_23281.jpg
ピンクの濃い花弁を近接で撮ってみました。
[ 2016/04/05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ダイレクトメールと津雲邸のひなまつり

先日、メールでセールのダイレクトメールをお送りしました。当店はちゃんとした顧客名簿が無く、トレイ内にある過去のメールに対し返信するという方式でダイレクトメールをお送りしています。そのため戻って来てしまうのもかなりありますし、自分はお得意様のはずなのにメールが来なくて失礼!と思っていらっしゃる方もあるんじゃないかと思っています。メールが来ないという方、新規のダイレクトメールを希望する方は、当店宛にメールをくださるようお願いいたします。

IMG_09871.jpg
今、当店のすぐ近所の津雲国利邸で「雛まつり展」をしています。津雲国利といえば、戦前、戦中、戦後の政治家で、親軍派として東条英機と仲が良かったことで知られています。この屋敷は昭和初期に贅を尽くして建てられたもので、東条英機も何度も来ているようです。しかしなぜか雛人形のコレクションがあり、その中にはマニアの評価の高い「七澤屋もの」といわれる雛道具も含まれています。

3月27日までですが、開館しているのは金土日だけなので注意してください。
[ 2016/03/01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

9月10日の記事に対するコメントの参考写真

9月10日の記事に対するコメントの参考写真です。

yoshizawa.jpg
[ 2014/09/11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)