紫紘の袋帯「七条織成樹皮色袈裟」

第三千九百三十八回目は、紫紘の袋帯「七条織成樹皮色袈裟(しちじょうしょくせいじゅひしょくのけさ)」を紹介します。

七条織成樹皮色袈裟は、正倉院御物すなわち聖武天皇遺愛の品で、国家珍宝帳に記載されているものです。正倉院展にも出品されたことがあり、それを見て商品化を思いついたのではないでしょうか。色も模様も地味ですが、大仏を造ってしまうほどの人が、自分の宗教用の衣装として織らせたものですから、じつは正倉院御物の中でも最高の宝なんじゃないでしょうか。大仏開眼の日に着たかもしれませんし。

本歌についてはこれを参考にしてください
http://shosoin.kunaicho.go.jp/ja-JP/Treasure?id=0000010003
織成というのは、綴の発展形で綴の弱点である「はつり孔」を無くしたものです。現代の伝統工芸展では「織成」ということで作品を発表している作家がいますが、日本の染織史では「織成」はこれ1点しかありません。

IMG_24592.jpg
いちばん上の写真は、帯の幅を写真の幅として撮ったものです。今回の帯は、組織はもちろん織成ではなく絵緯糸で模様を表現する普通の西陣織です。本歌を再現したわけではなく、本歌のイメージを生かしたという程度です。

出家した僧侶は財産を持ちませんから、衣服もボロボロであるべきということで、袈裟はボロ布を縫い合わせた構造になっています。しかし仏教も組織が大きくなればその精神も形式的になり、高位の僧侶は高価な裂をわざと切って縫い合わせるような袈裟を着ることもありました。この袈裟は天皇が着るものですから、複数の裂が縫い合わされているように見える1つの裂として織られています。

そのような意匠には絵画性が高い(色が自由に変えられる)綴が向いているわけですが、より細かく色を替えようとするとはつり孔だらけになってしまいます。そのため自由に色を替えつつはつり孔も生じない織成という技術が採用されたのです。正倉院時代の後は、近代まで織られなかったということはそれだけ難度の高い技法ということです。そのように書けば、この意匠の意味も織成で織られている意味も理解していただけるのではないでしょうか。

IMG_24612.jpg
写真2番目は近接です。海の水面のように見えます。「七条織成樹皮色袈裟」なんて言わないで、水面を写生的に表現したとか言った方が作品としても魅力があったのではないでしょうか。この袈裟は、織られた直後はもっと色が華やかだったと思いますが、1300年経って退色しているはずです。この帯はこの袈裟の現在の状態をイメージして織られています。点々も元はないはずですが、正倉院展で現物を見るとそう見えるのでしょう。

IMG_24622.jpg
写真3番目は、もっと近接してみたところです。点々は絵緯糸による模様表現でした。

IMG_24642.jpg
写真4番目はルーペで拡大してみたところです。模様の上に撚金糸を格子のように織り込んでいます。それによって全体が金の輝く靄に覆われたように見えています。それがなければただの年輩者向きの帯になってしまうのだと思います。金の靄に覆われることで、地味でも華やかになっているのです。それは帯合わせでどういう効果を発揮するでしょうか。

IMG_24652.jpg
写真5番目は、別の箇所をルーペで拡大してみたところです。
スポンサーサイト
[ 2017/11/24 ] 西陣・綴 | TB(0) | CM(0)

龍村の干支のぬいぐるみと木目込み

第三千九百三十七回目は、龍村の干支のぬいぐるみと木目込みを紹介します。

毎年紹介している龍村の干支の置物ですが、今年もその時期が来ました。当店はいつもぬいぐるみ推しですが、今年は木目込みがかわいいです。

IMG_91502.jpg
いちばん上の写真はぬいぐるみです。犬が付けている前掛飾の上の部分の裂は「聖宝洋犬文」という今年のメインの干支の経錦です。シテ島にルイ9世が建立したサンシャペル礼拝堂のタイル装飾に取材したもののようです。下の部分の裂は定番の「早雲寺文台裂」です。トランプさんへのお土産にも使われていました。

IMG_91542.jpg
写真2番目は、ぬいぐるみの全体です。背飾は、「想い出」というタイトルの龍村裂です。ペイズリー模様を織りで表現したもので、龍村の定番です。

IMG_91552.jpg
写真3番目は、顔のアップです。

IMG_91462.jpg
写真4番目以下は木目込みです。全身に使われている裂は、「菊もみ」という定番の龍村裂です。

IMG_91482.jpg

IMG_91473.jpg

IMG_91472.jpg

IMG_91492.jpg
[ 2017/11/23 ] 小物と小物合わせ | TB(0) | CM(0)

紫紘の袋帯「梅」の帯合わせ

第三千九百三十六回目は、紫紘の袋帯「梅」の帯合わせです。

今日は紬に合わせてみました。この帯を紬に合わせる時に気になるのは、この帯の地の引き箔です。数日前の帯の細部のところを見ていただくと、この地の引き箔は完全に銀箔が貼ってあるわけではなく、飛び飛びについています。光るか光らないとの中間ぐらいのところなので、あまり素朴でない紬ならいいかなと思っています。

IMG_91902.jpg
いちばん上の写真は、菱一の「つるばみ紬」を合わせてみました。「つるばみ紬」は菱一のオリジナル商品(「別染」あるいは「別織」といわれる)に対するネーミングです。小千谷または十日町で織られていて経糸が玉糸、緯糸が真綿糸です。
意匠はいろいろですが、これは横段の暈しです。

IMG_92222.jpg
写真2番目は、林宗平の本塩沢を合わせてみました。多色ですが色が淡くて野暮な感じはありません。この作品は高価な経緯絣ではなく緯絣ですが、経糸が白で緯糸だけが色糸であることで、この都会的な淡い色を演出しているのです。技法と意匠は一体ですし、その意匠に合った技法というのがあって絣が複雑ならエライというものでもありません。

ただこの帯合わせの矛盾は、早春に合う梅と単衣に合う本塩沢を合わせているところですね。

IMG_91972.jpg
写真3番目は、かつての重要無形文化財の要件を満たさない結城紬を合わせてみました。かつての重要無形文化財の証紙は国が検査したわけですし、現在のグレーの証紙は組合が検査しているわけです。そのどちらでもないものは品質はいろいろです。買うときは自分で手だ触ってわからないという方は、織元がわかるラベル等を見つけて検索してみたら良いと思います。

上の2例では、帯の雰囲気が馴染むような多色の淡い色を合わせました。ここではその反対ということで、グレーのきりっとした縞を合わせてみました。

IMG_92262.jpg
写真3番目は、塚田宝作さんの有明紬を合わせてみました。有明というのは、松本市の有明地区です。この地の伝統である天蚕(野蚕)の糸を織り込んだものです。白く見える糸が天蚕糸です。「天蚕」というのはこの産地の商標で、インドネシア産などは一般語である「野蚕」というようです。

グレーにちょっと赤が入る縞は、早春に初めて咲く花のようで、この帯に合うんじゃないかと思いました。

IMG_91992.jpg
写真5番目は、郡上紬を合わせてみました。手紡ぎ・手織り・草木染の紬ですが、その雰囲気は素朴というより都会的です。この帯が合う紬の条件はただ1つ、都会的ってことですね。

IMG_92252.jpg
写真6番目は、山下八百子さんの黄八丈を合わせてみました。帯の色の系統とは違う黄色系も試してみました。

IMG_92032.jpg
写真7番目は、小岩井工房の上田紬を合わせてみました。草木染で手織りの紬で、そう書くと素朴なイメージですが、実際は写真で見るとおり洗練されたイメージです。池内淳子さんなど女優さんに愛用されたことでも有名で、通常の呉服業界の流通ルートではなく、工房で直接販売しています。信州旅行のついでに買えます。
[ 2017/11/22 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

紫紘の袋帯「梅」の帯合わせ

第三千九百三十五回目は、紫紘の袋帯「梅」の帯合わせです。

今日は染めの着尺(小紋)に合わせてみました。

IMG_91682.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の着尺を合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。梅の着物はお正月から着始めて世間が桜の着物を着はじめたら仕舞うものですが、その始めのまだ冬のころに雪輪と合わせて着るパターンを想定してみました。

IMG_91832.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の着尺を合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。着尺の模様は雪輪と、雪解けを表す破れ雪輪で早春のイメージです。季節としては絶妙なところでしょう。着物の地色はわりと年輩者向きですが、爽やかな帯の色との相性も意外と良いんじゃないかと思います。

IMG_91672.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の着尺を合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。生地は紬で、市松取り、単彩、単モチーフの着尺です。

IMG_91702.jpg
写真4番目は、藤井絞の着尺を合わせてみました。飛び柄の絞の着尺です。梅に鶯と言いたいところですが、梅に雀です。慣用句的な組み合わせを少しずらすのもアリ? 確信犯なら上級者的な感じ。

IMG_91732.jpg
写真5番目は、野口の短冊模様の着尺を合わせてみました。これは地色で選んでみました。帯の梅の枝は新芽の色で、これがこの帯の隠れた主役のように思うので、着物の地色を合わせてみました。

IMG_91762.jpg
写真6番目は、野口の着尺を合わせてみました。写真に写っているのは笹ですが、全体は四季花が揃っています。型染の縞の上に手挿しの四季花という意匠です。
[ 2017/11/21 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

紫紘の袋帯「梅」の帯合わせ

第三千九百三十四回目は、紫紘の袋帯「梅」の帯合わせです。

今日は付下げや訪問着を適当に合わせてみました。

IMG_37862.jpg
いちばん上の写真は、花也の付下げ「市松取り松笹」を合わせてみました。着物には松と笹だけが描かれていて、帯の梅と合わせて「松竹梅」がつくれます。なかなかこういうこともないんですけどね。たいてい1つ少なかったり、1つ重なったりします。

IMG_25752.jpg
写真2番目は、花也の付下げ「竹林」に合わせてみました。「松竹梅」をつくるには松が足りません。どうしても松が欲しい場合は、帯留に松ぼっくりでも持っていると良いですね。

IMG_58752.jpg
写真3番目は、田中勇吉さんの訪問着に合わせてみました。第33回の伝統工芸展入選作です。「松竹梅」をつくるには笹が足りません。帯留で笹というのはありそうです。現実に多いのは、着物が松竹梅で、梅が重なる方ではないかと思います。

IMG_63982.jpg
写真4番目は、花也の付下げ「波に千鳥」を合わせてみました。なんにでも何となく合わせられて、誰にも嫌われない「波に千鳥」です。

IMG_39742.jpg
写真5番目は、北秀の訪問着を合わせてみました。実際に制作したのは大定です。江戸時代の友禅の小袖には、京名所図会や近江八景など観光案内的なものがありました。これは楼閣模様といわれるものですね。友禅という技法は絵画性に優れているのが特長ですが、その特長を十分生かせばこういうものになるでしょう。

やりすぎると特長が仇になってデザインという概念から外れていってしまう危険があります。仮にフランスに友禅があって、マリーアントワネットが「ベルサイユ宮殿全景」なんていうドレスを着ていたらおしゃれでしょうか。

IMG_47762.jpg
写真6番目は、千切屋治兵衛の訪問着「干支」を合わせてみました。実際に制作したのは、中井淳夫さんです。お正月に着るというテーマで合わせてみました。
[ 2017/11/20 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)